2015年04月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半田東高校で実施しました!

4月9日、半田東高校にて新1年生285名を対象とした交通安全教習を実施させていただきました!

新しい通学路で登校する生徒たち、
自転車通学を始めたばかりの生徒たち、
気持ち新たに進級した生徒たち・・・

新学期の大切な時期にプログラムを行えるというのは、とてもありがたいことです。

プログラムは2本立てです。
最初に半田警察署交通課からの講話をいただいてお勉強したたあと、いよいよ外に出て実技です。


「自転車の乗り方、しっかり学んだことありますか?」

乗り慣れているつもりの自転車も、実は多くの人が自己流。

このプログラムでは、まずはまっすぐ乗れるかどうか、というところから体感してもらいます。

男子代表の彼に一本橋に挑戦してもらいます!
_DSC2021.jpg
おぉ、意外と難しいということを体感してもらえたのではないでしょうか。
周りの生徒も興味津々の様子です。

続いて傘さし運転で、同じく一本橋にチャレンジ。
_DSC2032.jpg
やはりバランスをとって、まっすぐ走るのは難しいですね。

携帯電話で話しながら走ってみたら?
_DSC2060.jpg

メールをしながら自転車に乗ると、全く違う場所を走ってしまいました。
_DSC2066.jpg

さて、一直線に走った後は、パイロンを使用してくねくね曲がって走行してもらいます。
注意して走ったけれど、あらら、ぶつかった。
_DSC2233.jpg

傘さしした場合。
_DSC2261.jpg

なぜこのように合間を抜ける走り方をしたかというと…
やっていませんか?歩行者をよけて走るという場面。
本当に人にぶつかってしまったら、けがをさせてしまったら、パイロンが倒れたどころではなくなってしまいます。
_DSC2385.jpg

交通課の方から、実際に人を怪我させてしまった場合の罰則・罰金の規定なども教えてもらいました。
_DSC2047.jpg

_DSC2397.jpg

デモンストレーションに協力してくれた生徒さんたち、ありがとうございます。

他の生徒たちも、真剣に聞いてくださいました。
毎日の自転車通学が、人の命に係わることだということ。

いかに集中して自転車に乗ることが大事か、実感してもらえたかと思います。

本プログラムのお問い合わせは、地域資源バンクNIUまでご連絡下さい。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。